エストロゲンと子宮内膜

標準

女性ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンは、卵巣や副腎皮質で生成、分泌されます。
思春期になると分泌量が増え、それ以降は女性の月経周期をつかさどるなど大事な役割を果たします
その量は月経周期によって変わる他、妊娠出産によっても相当大きく変化します。
エストロゲンは妊娠するために特に大切な役割を担っています。
このホルモンの分泌によって子宮内膜が厚くなります。
子宮内膜は受精卵が着床する場所で、ここがある程度の厚さにならないと、着床するのは難しいのです。
それゆえこのホルモンが正常に分泌され続けることは、妊娠するため不可欠なこととなります。
また、卵子を成熟させ、正常な排卵を促す役割も果たしています。
このホルモンが不足すると、卵子のない排卵現象が起こることもあります。
妊娠しなかった場合、子宮内膜の厚く保たれていた部分は剥がれ落ちて月経が始まります。
これが毎月繰り返されているわけです。
受精卵が子宮内膜に着床し妊娠すると、エストロゲンの量が増え、その結果乳房の中にある乳腺も発達します。
発達はしますが母乳の分泌はエストロゲンによって抑えられ、出産と同時にエストロゲンの量は減って母乳が出始めるようになっています。