生理周期によって変化するエストロゲンの分泌量

標準

女性ホルモンの1つであるエストロゲン、このホルモンは生理周期によって増減します。
女性らしい丸みをおびたふっくらした体を作ったり、妊娠しやすいように子宮内膜を厚くする、精子が子宮に入るのを助けるためのおりものの増加を促す、自律神経や感情の働きを整える、骨粗鬆症や血管疾患の予防をします。
このエストロゲンの分泌量は生理後から増え始め、排卵期がピークになります。
それから徐々に減り始めて、生理前に急激に減少します。
年齢別ですと、思春期にその分泌量はピークになりますが、40代前後からは減少します。
理由は卵巣内の卵胞の数がなくなり始めるからです。
本来卵胞を成熟させ、排卵を促すホルモンなので、卵子の数が少ないと、そのホルモンも必要が無くなってくるからです。
このエストロゲンの分泌量が減少しますと、動悸やのぼせ、頭痛や肩凝り、物忘れやイライラ、鬱や脂質代謝異常、乳房の萎縮や骨粗鬆症リスクの増大、排尿障害などになります。
エストロゲンは暴飲暴食暴食、不規則な生活をしていると、早く減少してしまいます。
また、ザクロやイソフラボンなどは、エストロゲンと同じ働きがある成分が入っていますので、積極的に摂取して、ホルモンの補充をしてください。