エストロゲンが体内に及ばす影響

標準
エストロゲンとは、女性ホルモンの一つで、卵胞ホルモンとも呼ばれています。
乳腺の発達を促したり、女性らしい体を作ってくれる、女性の健康を保つ上で必要不可欠なホルモンです。
このエストロゲンが減少することによって体にはさまざまな影響を及ぼします。

卵胞ホルモンは、女性らしさを保つためのホルモンでもあるので、これが減少すると、更年期障害を引き起こしやすくなります。
肌トラブルが現れやすくなり、色素沈着などが起こります。
卵胞ホルモンの減少の影響はそれだけでなく骨にも作用します。

エストロゲンには、体の機能を調整する役割を果たしているので、これが減少することによって、骨の代謝に作用し、骨そしょう症を引き起こす原因となることがあります。
体のさまざまな代謝機能に作用しているエストロゲンの減少は、体内のバランスを失わせ、血管の疾患や心臓の疾患を引き起こす原因になる場合もあるので、注意が必要です。

女性の体には、この卵胞ホルモンの他に黄体ホルモンと呼ばれる女性ホルモンが分泌されており、こちらも女性の体調を保つ上で必要なホルモンです。
この二つのホルモンのバランスが保たれていることが女性の健康にとって最も大切なことです。